アセット 3

Media

2022年

【連載】アーティストのための法と理論 ビギナークラス — エピソード1「楽曲の著作権とコピー」

著作権法に違反しないDJ動画が可能なのか実際にトライしてみた

音楽で生活できる環境を自ら切り拓いたSUKISHAが語る、インディペンデントアーティスト・後進へ伝えたいこと

シンガー/トラックメイカーのSUKISHAに聞く「インディペンデントアーティストとお金、収益」(Podcastダイジェスト記事)

アーティストとマネジメントの関係を更新するために──「契約」をめぐるCANTEENの実践(鼎談記事)

 

2021年

 

「夢を叶えるストーリーを共有する」インディペンデントアーティストが抑えておくべきポイントとは(Podcastダイジェスト記事)

音楽デジタルプロモーション・マーケティングの可能性 アーティストがSNSからチャンスを掴む方法とは(Podcastダイジェスト記事)

ポッドキャスト番組「ORBITAL WAVE on podcast」(トークゲスト)

ポッドキャスト番組「THE MAGAZINE talk」ナビゲーター(2021年7月から番組継続中)

「新たなライブエンタテインメントに関する課題調査報告書」(執筆参加)

【コラム】タイプビートの利用で思わぬトラブルに巻き込まれないようにするために

・スタートアップの法務とルールメイキング(YouTubeゲスト)

 

2020年

 

【Interview】Law and Theory 代表 水口瑛介弁護士 ― ボランティアでアーティストを法的にサポート、音楽に深いリスペクトを持つ弁護士チームのこれまでとこれから

【連載】アーティストのための法と理論 Vol.1 – 楽曲の著作権 | Law and Theory for Artists

【連載】アーティストのための法と理論 Vol.6 – ラッパーとビートメーカーとの権利関係 | Law and Theory for Artists

・Beat, Flow and Promotion(講義)

・Inter FM「100byRADIO」(トークゲスト)

DJのライブ配信は著作権法に違反するのか

金夜に会いましょう(トークゲスト)

・ペンギン先生の居眠り法律相談所(北沢法人会会報「ほうじん北沢」にて現在も連載中)

 

2019年以前

 

DJプレイを適法にする著作権の権利制限規定

「音楽家の駆け込み寺になりたい」 音楽専門の無料法律相談団体、弁護士の思いとは

EUや日本で相次いで著作権法が改正 | DJやYouTubeチャンネルが影響を受ける可能性も(コメント)

アセット 10

アーティファクト法律事務所 / ARTIFACT LAW OFFICE
155-0031
東京都世田谷区北沢2-11-15
ミカン下北A街区4階

ACCESS MAP

©︎2021 artifact law office.